More

    「馬車馬のように働く奴を高く評価しろ」、なぜこんな会社がなくならないのか タイパ重視の就職先選びがブラック企業の駆逐につながる(1/7) | JBpress (ジェイビープレス)

    タイパ重視の就職先選びがブラック企業の駆逐につながる

    半世紀も前の「モーレツ社員」や「企業戦士」を崇める勤勉至上主義が、現在も染みついている(写真:アフロ)

    就職・転職情報会社の学情が「就職人気企業ランキング」(対象は2024年卒の学生)を発表し、伊藤忠商事が5年連続でトップになった。根強い人気を誇る大手総合商社の中でも特に業績が好調だが、学生の支持を集めているのはそれだけが理由ではないだろう。「20時以降の残業の原則禁止」など働きやすさを目指した各種の人事施策が人気を押し上げている面がある。今回は、長時間残業を是とする「ブラック企業(予備軍を含む)」の体質と働き方改革の現在地を考えてみたい。

    (岡部 隆明:就職コンサルタント、元テレビ朝日人事部長)

    【著者の関連記事】

    ◎「働かないおじさん」のリストラは景気に関係なく加速するばかり

    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/72877

    ◎国立大出身者は私立大出身者より偉いのか、企業にはびこる学歴信仰

    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70872

    ◎体育会出身者は「粘り強く」「協調性がある」のか?人材採用の落とし穴

    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/71257

    世につれ変わる就職人気企業

     4年くらい前、私は伊藤忠役員の講演を聴く機会がありました。「がん」にかかった社員の支援などの健康増進施策と講演者の温かい人柄が強く印象に残っています。


    「就職人気企業ランキング」は学生の心情やイメージに左右されるアンケート調査に過ぎません。しかし、その時々の世相を反映するとともに、人気・不人気の選別は厳しいものがあります。

    「2024年卒 就職人気企業ランキング」のベスト10(学情ホームページより)

    拡大画像表示

     私が就職活動していたバブル期を振り返ってみると、文系は都市銀行が、理系は電機メーカーが上位に位置していました。その後、都市銀行は合併してメガバンクになり、電機メーカーは厳しい国際競争、淘汰の波にさらされました。

     2000年くらいからでしょうか、ANA、JAL、JTB、オリエンタルランドといった旅行・レジャー関連企業が人気を高めました。ここ2年間はコロナ禍によって低迷しましたが、行動制限緩和や旅行支援策もあり、学情の今回の調査ではJRやホテル・アミューズメント企業も含めて、総合ランキング100社のうち13社がランクインし、復活しています。


     このほかに講談社、集英社などの出版業界や、任天堂、ソニーグループなどのゲーム業界が人気を集めているのが目にとまりました。

    最新記事

    Related articles