More

    「Albion Online」が日本語に対応。中世風のファンタジー世界を舞台にした基本プレイ料金無料のサンドボックス型MMORPG


     ドイツのゲームメーカーSandbox Interactiveは現地時間の2022年8月31日,サービス中のMMORPG「Albion Online」(アルビオン・オンライン。PC / iOS / Android)が日本語とイタリア語に対応すると発表した。期日は書かれていないが,今後,数週間のうちに,新たな2つの言語でログインし,プレイできるようになるとのこと。公式サイトもすでに日本語化されている。

     2017年に正式サービスが始まった「Albion Online」は,中世風のファンタジー世界を舞台にした基本プレイ料金無料の,自由度の高いサンドボックス型ゲームだ。タイトルからも分かるように,アーサー王伝説がモチーフになっている。
     クラスレスのシステムが採用されており,プレイヤーキャラクターの能力とプレイスタイルは,選択した装備や武器によって決まる。

     さらに,ほとんどのアイテムが,プレイヤー達の手によって作られるという,「プレイヤー主導型の経済システム」や,緊張感の高いPvP,保有して農業ができるオープンワールド,クロスプレイの実現など,グラフィックスからはカジュアルな印象を受けるが,個性的なタイトルとしてプレイヤーやメディアの評価は高い。

    画像集 No.004のサムネイル画像 / 「Albion Online」が日本語に対応。中世風のファンタジー世界を舞台にした基本プレイ料金無料のサンドボックス型MMORPG
    画像集 No.006のサムネイル画像 / 「Albion Online」が日本語に対応。中世風のファンタジー世界を舞台にした基本プレイ料金無料のサンドボックス型MMORPG

     危険ゾーンでの戦闘が「勝者総取り」の完全略奪式であり,かつ歴史の長いオンラインゲームだけに,新たに飛び込むにはそれなりの勇気がいる気もするが,今回の日本語対応を機会に,せひプレイしてみよう。詳しくは公式サイトをどうぞ。

    画像集 No.002のサムネイル画像 / 「Albion Online」が日本語に対応。中世風のファンタジー世界を舞台にした基本プレイ料金無料のサンドボックス型MMORPG


    最新記事

    Related articles