More

    アリアナ・グランデ、フォートナイトでライヴ開催 | BARKS

    アリアナ・グランデが、8月7日~9日のあいだに5回に分けて、世界的人気ゲーム「フォートナイト」内での「リフトツアー feat. アリアナ・グランデ」のヴァーチャル・ライヴを行った。

    海外での盛り上がりはもちろん、ここ日本でも、早朝にもかかわらず1回目のライヴ終了後に「アリアナ・グランデ」がTwitterのトレンド入りをするなど、大きな盛り上がりを見せてイベントは終了した。今回、フォートナイトのイベントとして洋楽アーティストがライヴを行うのは3度目。マシュメロ(2019年)とトラヴィス・スコット(2020年)に続き、女性アーティストとしては初のライヴ・イベントだった。そのこともあり、ゲームファンやゲームメディアからは「今までとは違う演出の連続でスゴイ」「これまでで最も印象的なイベントだった」という声があがっている。

    ゲームを起動しイベントの開始を待機していると、彼女の実際のライヴでもお決まりの1曲目、「レインドロップス(アン・エンジェル・クライド)」の最中に“流れ星”の中からアルバム『スウィートナー』(2018年発売)時代を懐古させるプラチナ・ブロンド・ヘアーのアリアナが登場。すぐさま大ヒット曲「7 rings」へとうつり、プレイヤーたちと巨大アリアナが本物のライヴさながらノリノリで曲に合わせて踊り、この曲は終了。と同時に各プレーヤーは大きなシャボン玉の中へと移され、雲の中に浮かぶ淡いピンクや紫、水色などを貴重としたカラフルなバブルを潜り抜け、大きな羽を身にまとい次の目的地へと飛行するアリアナについていく形で「ビー・オールライト」が披露される。

    その後、シャボン玉が割れて空を落下していると突如現れるユニコーンが救い上げてくれ、レインボーの絨毯が引かれる雲の中、「R.E.M」を心地よく聴きながらしばらくゆったりと走り続ける。しばらく雲の中を走り続けた後、最後にはブランコに乗って揺れる巨大アリアナが出現し、それと同時に今まで“無表情”だった雲たちが猫やうさぎや熊などのキュートな顔に変わる。曲の終わりと同時に画面は地上にある白く大きな建物に切り替わり、アリアナのデビュー・シングル「ザ・ウェイ」が始まると共に、巨大アリアナは建物の上へ上へと階段をのぼり続けるシーンに。

    そして6曲目であり最後の楽曲は、アリアナの最新アルバム『ポジションズ』の表題曲「ポジションズ」。映し出された“氷の世界”の中でアリアナは、七色に光り輝くオーロラの下を自由に飛び交い、この空間を支配している。そして楽曲の終了と共にアリアナはすっと姿を消して、イベントも同時に終了。幻想的で壮大な中にもアリアナらしい、アリアナならではの演出が随所に散りばめられており、フォートナイト・ファンは勿論のこと、普段フォートナイトをプレイしないアリアナ・ファンにとっても最高の7分間となった。なおイベントの映像全編がアリアナの公式YouTubeで公開されている。

    【フォートナイト リフトツアー feat. アリアナ・グランデ】

    *セットリスト(動画):https://umj.lnk.to/ariana-fortnite-pr
    raindrops (an angel cried) / レインドロップス(アン・エンジェル・クライド)(アルバム『スウィートナー』収録)
    7 rings / 7 rings(アルバム『thank u, next』収録)
    be alright / ビー・オールライト(アルバム『デンジャラス・ウーマン』収録)
    R.E.M / R.E.M(アルバム『スウィートナー』収録)
    The Way feat. Mac Miller / ザ・ウェイ feat. マック・ミラー(アルバム『ユアーズ・トゥルーリー』収録)
    positions / ポジションズ(アルバム『ポジションズ』収録)

    最新記事

    Related articles