More

    現在、最高の経営者ランキング…3位の永守重信、2位の柳井正を抑えて1位は?

    日本電産の永守重信会長(同社HPより)

    「週刊ポスト」(小学館/2月18・25日号)の巻頭大特集「日本経済を大復活させる最強の経営者100人」選びに参画した。「どういう思考回路」でどういうランキングをしたのかという問い合わせが熱心な読者からあったので、当サイトでお答えすることにした。「ポスト」編集部に提出した回答を一部、修正してある。読者の参考になるとすれば無上の喜びである。

    設問1【現在「最高」の経営者】への回答

     企業を大きく成長させるリーダーは大ボラを吹く。日本には「ホラ吹き三兄弟」というトップ経営者3人がいる。ソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義、ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正、日本電産会長の永守重信である。2010年12月10日、「ホラ吹き三兄弟」が会食した。

     名付け親の永守は、「大げさなデタラメのように聞こえることを、現実にするのが起業家だ」 と言い放つ。「大ボラ」を吹き、本気で取り組み、命懸けで実現させる。ホラ吹きは信頼されないのではなく、ホラを吹いたあとの行動によって評価は変わる。

     1位は、ソフトバンクグループの会長兼社長の孫正義。永守が「ホラ吹き三兄弟」の長男と位置付けた孫正義は、投資先企業の時価総額300兆円をかかげて、M&Aに突き進む。今や、世界の投資家のトップクラスに躍り出た。「大ボラ」の効用である。

     2位は、ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正。「ホラ吹き三兄弟」の次男だ。ユニクロを展開するファストリの時価総額が昨年、「ZARA」を展開するスペインのインディテックスを超えて、初めてアパレル業界で世界首位となった。

     3位は、日本電産会長の永守重信。本人は「孫や柳井に比べると、ホラ度は高校生並み」と謙遜するが、突破力は群を抜く。「一番以外はビリ」が信念。二番でいいという考え方はダメ。「買収王」の異名が付く永守は、工作機械メーカーを相次ぎ買収するなど車載やロボット向けモータの拡大を狙い、周辺分野へ進出している。

     トップ3に共通する悩みは後継者問題だ。自分たちを超える人材を探し出すのは至難の業だ。“合わせ技”で後継者を決めるくらいの気持ちにならない限り、3人とも“生涯現役経営者”のままだろう。柳井、永守は早く「世襲はしません」という建て前の看板を下ろして、「世襲もあり得る」と表明したほうが、ご本人だけでなく周囲も気が楽になる。ソフトバンクGは分割統治しか選択肢がないように思える。

     4位は、ニトリホールディングスの似鳥昭雄会長。昨年、小学4年生になっても自分の名前を漢字で書けない発達障害だったと告白して小売業界を驚かせた。発達障害を強みにして、「お、ねだん以上。」のキャッチフレーズで家具業界を席巻。35期連続の増収・増益を達成して快走中だ。

     5位は、トヨタ自動車の豊田章男社長。コペルニクス的転回が政官財界を驚かせた。コペルニクスが天動説を捨てて地動説を唱えたように、豊田社長がこれまで否定的だったEV(電気自動車)に「転進」すると言い出したからだ。昨年末、「EVに後ろ向き」と評されてきたトヨタの豊田社長が突然の「EV転進」。世界のEV販売目標を2030年に350万台に増やすと宣言した。車載用電池の開発に2兆円を投じるとしたので、業界他社の首脳を唖然とさせた。

    設問2【5年後「最高」の経営者】

     アップルの時価総額が一時、3兆ドル、日本円にして340兆円を上回った。アップル、マイクロソフト、アマゾン・ドット・コム、アルファベット(グーグルの持株会社)、テスラ、メタ(旧称フェイスブック)のハイテク6社の時価総額の合計は、日本の東証1部の時価総額を上回る。巨大IT企業に投資資金が集中する状況が一段と鮮明になった。ハイテク6社に対抗する日本企業が生まれるか。日本経済の将来を占う大きなポイントだ。5年後を占うキーワードは「女性が活躍する時代」。スタートアップの女性起業家にも目配りが必要になる。

     5年後の「最高」経営者の第1位はソニーグループの吉田憲一郎会長兼社長CEO。脱炭素の本命はEVである。先行するテスラを追って異業種からの参入が相次ぐ。アップルは25年に「アップルカー」を投入するとの観測が流れる。ソニーグループは、EVへの本格参入を表明した。「走るスマホ」化が進むことで、デジタル技術が得意なソニーの強みが発揮できると計算している。「ソニーカー」は「アップルカー」に対抗できるか。

     以下、順不同でリストアップする。

     グリーの田中良和会長兼社長。フェイスブックは社名を「メタ」に変更した。「メタバース」と呼ばれる仮想空間分野への1兆円の投資を公表しており、メタバースに注力する。SNS(交流サイト)のグリーはメタバース事業に参入し、今後2~3年で100億円規模の投資を実施する。子会社が運営するバーチャルライブ配信アプリ上でアバター(分身)が活躍し、ライブ配信やゲームを楽しむ。2030年代ごろまでには、今SNSを使っている人の多くがメタバース上でアバターを持つ時代になると田中は予測している。それに備え、SNSからメタバースに経営の軸足を移す。

    最新記事

    Related articles