More

    Eスポーツにおけるプロプレイヤー

    eスポーツとはイースポーツ、電子競技などとも呼ばれ、ビデオゲームをスポーツとしてとらえた時に名称のことを言います。

    e スポーツ ゲーム              はここ数年で世界、日本で人気を集めており、日本国内にも多くのプロゲーマーが誕生しています。そこでこの記事では、プロゲーマー 日本人を紹介します

    ふ〜ど

    ふ〜ど選手の本名は阿井 慶太であり、プロのゲーマーとして活動しています。

    アマチュアとして活躍していた時に「バーチャファイター5」で優勝したことをきっかけにRazerにスカウトされました。そして、2011年よりプロとして活動しています。現在ではCygames Beastに所属して、数々の大会に出場しています。

    【実績】

    2005年:闘劇’05「バーチャファイター4 ファイナルチューンド」にて初優勝

    2008年:闘劇’08「バーチャファイター5」にて優勝

    2009年:WCG 2009「バーチャファイター5 ライブアリーナ」にて優勝

    2011年:EVO2011「スーパーストリートファイターIV アーケードエディション」にて優勝

    2015年:「ガンスリンガー ストラトス2」にて公式大会優勝

    2018年:E-Sports Festival Hong Kong 2018「ストリートファイターV アーケードエディション」にて優勝

    ふぇぐ(feg)

    よしもとLibalent所属しているふぇぐ選手は、eスポーツ 日本のゲーマーランキング1位に君臨しています。本名や年齢は一切公開しておらず、謎の多いゲーマーとして知られています。

    そんなふぇぐ選手はシャドウバースのトレーニングにかなり力を入れていることで有名で、1日睡眠が1〜2時間の時も多いようです。

    これまでの獲得賞金の総額は1億円を超えており、日本人プロのゲーマーとして大成功を収めています。

    また、ふぇぐ選手はイケメンということもあり、女性からも人気を集めています。

    【実績】

    2018年 「Shadowverse World Grand Prix 2018」にて優勝

    トキドー

    トキドー選手は東大卒のプロのゲーマーとして知られています。本名は谷口一であり、日本ランキング2位に位置しています。海外では「殺し屋の顔」、「格闘ゲームの神」などと呼ばれており、世界的に知名度の高いプレイヤーです。

    トキドー選手は東大卒の頭脳明晰なゲーマーとして幅広い活躍しており、「東大卒プロゲーマー 論理は結局、情熱にかなわない」、「世界一のプロゲーマーがやっている 努力2.0」などの本を出版した他、「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などテレビ番組にも出演しています。

    【実績】

    2002年 「Capcom vs. SNK 2 – EVO 2002」にて優勝

    2007年 「スーパーストリートファイターIIターボ- EVO 2007」

    2017年 「ストリートファイターV – EVO 2017」

    最新記事

    Related articles